過去と現在の状況変化

PCの場合、5年違うと大違いと言う状態になるの

ですが、この内容は製品の構成にも反映されてい

ます。これが10年も違ってしまうと大違いになるの

で大問題が発生するのですが、今年登場するフラ

グシップのプロセッサと5年前の上位製品を比較す

るとやはり相当な差があります。

とりあえず、2012年の製品だとIvyBridgeなので、

-Eを想定すると、コア数は6で12スレ

ッドが最大だったと言う事になりますが、Corei9は

12コア/24スレッドの製品があり、Corei97980XE

は18コア/36スレッドとなります。RYZEN91998X

は16コア/32スレッドなので、結果的に、フラグシッ

プ製品については、コア数が25倍以上になってい

る訳です。

また、その当時のメモリー積載量の上限は64GB

のはずなので、LGA2066の512GBと言う選択肢が

ありませんから、上限の数値もまるで違います。

また、現状におけるBTIOのでコストですが、Core

i5650の時代に4スロットで16GBまでしか詰めない

状態でしたから、大容量事態に無理がある感じは

ありました。その為、64GBが大容量だったわけです

が、DDR4で上限が倍になり、さらにこの倍の搭載が

可能になっていますから、メモリー実装量の上限は

4倍になっています。その為、その当時の8GBのマシ

ンの構成をするようなイメージで16GBのマシンが構

築でき32GBのメモリー実装環境を構築する場合に、

当時に16GBのマシンの構成をス両なコストで、マシ

ンを組めるようになっています。

なので、昔の思い出と現実では全く違うわけです。

昔はその価格だったから今もそうであると言うのは

誇大妄想なので、全く違います。

そして、ストレージについても、4TBの容量のスト

レージは当時は大容量だったかもしれませんが、

現在では、HDDが10TBに到達しており、SSDも2T

Bの物が存在しているので、様子が変わっていま

す。

そして、何よりも、3もNVMeのストレ

ージも存在しない時代ですから、比較してはならな

いような速度差が存在しています。

Corei5650の時代では、PCIExpressx16はGE

N2で遅く、SLI対応となっているものでもx4まで落

ちるので、二枚搭載すると全くダメになる状態が

ありました。その為、現状のマシンと比較すると、

バスの帯域が異なるのと、プロセッサ自体の構造

がまるで違うので、全く速度が出ないわけです。

現状のでは、IGP構成にした場合だと、

32GB位にしてもミドルクラスのGPUのコスト分が

上乗せされる程度なので、爆発的に降雨額にな

事はなくなっており、16GBの構成にすると、ミド

ルクラスのGPUやQuadorM600当りを実装して

も32GBの構成とあまり価格が変わらない状態に

なります。そうなると、Corei7にするのか、Core

i5にするのかでな要が変わりますが、結構な構

成にできる状態になっているのは確かです。

とりあえず、今時、ゲーム機よりもメモリーを積

んでいないPCというのはありえないので、制作

用途だと16GBが下限で、32GBがスタンダードな

気がします。というのも、導入する場合のコストを

考えると、そんな感じになっているので、様子が

相当変わってきている部分はあります。

とは言っても、メモリーについては、3Dトランジ

スタ技術が今後はスタンダードになるので、物理

モリー領域で使用するモジュールも大容量化

されてきますから、様子が変わってきそうですが、

規格が変わったときに発生する、前の世代の物が

安くなるという状況は出てきそうな雰囲気はありま

す。なので、規格が変わる沖に起きるいつもの事

ですが、そうした変化があります。

直近のプロセッサの話だと、IntelはCoffiLaleを

今年の第4四半期に投入することになっており、

AMDは既存のRyzenよりもセキュアで耐久性が高

く、保証期間が倍になったRyzenProを導入する

ようです。ビジネス用と言う事ですが、面白い仕様

の物が登場します。

とりあえず、2017年第4四半期説と来年の説が

あるCoffilakeですが、

Z370チップセットを使用し、USB31と

WiFiを内蔵される

ようなのでいよいよ外付けのボードで拡張していた

USB31Type-Cなどの様子が変わってきます。

しかもチップセットでサポートとなると、USO31系

の仕様はオルタなケーブルの有無程度になり、今後

はCintiqProなどもフツーに繋がる状態になりそうで

すし、処理系統が変わるのでUSB関連とwifi周りの

様子が変わってきそうです。

とりあえず、Intelは今後をに包含

する予定があるつまり、メモリーコントローラーなど

のようにアクセスの速い物になってくるとしています

からそうした内容も含めて興味深い話ですが、こうし

た内容からも、過去と現在と未来では製品の構造が

まるで違うため全くの別物だと言えるわけです。

現状でいうと、4GB〜6GBのメモリー実装量は既に

フラグシップスマホの世界なので、この容量はPCの

モリー実装量として考えるべきではなく、タブレット

端末の8GBというのもPS4ProやXboxOneSなどと

変わりませんし、XboxOneXに至っては12GB実装

なので、既に16GBと言う容量が大容量と言う印象は

受けません。つまり、2008年段階で、3GBのメモリー

実装のPCが大容量メモリー環境だったのか?と言う

のと全く同じで、64bitアーキテクチャを実装した物が

大容量メモリー環境と言うだろうか?と考えた場合、

間違いなく、大容量ではないはずですから、8GBの

DDR2の環境が大容量だったと認識するはずです。

つまり、それだけの差がありますから、過去でも今

でも、同時期のゲーム機よりもメモリーが少ないと言

うのはやはり厳しいわけです。

その内容が導入時のコストの幅で判断できるので

すが、現状で考えると、32GBがスタンダードで16GB

が値ごろ感のある導入で、GPUを追加しても爆発的

なコストにならない選択肢になっているわけです。

とりあえず、ロードマップは発表されているので、今

後も新しい製品は出てきますし、新しい技術も登場し

てきますが、メモリーやストレージの実装量は制作

用途でPCを使う必要があるため、この分野は当た

り前に大容量にシフトしていきます。

その為、昔の組み込み製品よりも遅いものが現状

だと使い道すらなくなっているのがすべてを証明し

ているわけですが、既存の製品でもそうした時代の

変化による性能や構成の違いが存在しています。

とりあえず、7年も変わると同じようなコストでもメ

モリーやストレージの容量が25倍位違ってしまうの

と、メインストリームのコア数に至ってはローエンド

相当で、当時のフラグシップのコア数はメインスト

リームになっており、5年前のコンシューマのフラグ

シップのコア数及びメモリー実装量と言うのは、今

年〜来年に登場するCoffilakeが6コアで64GBのメ

モリー環境が構築できるので既にメインストリーム

当りのスペックになっているわけです。

基本的にこういう仕様の物であるというのは、

5年落ちのスマホ

と現在の同一ラインの製品を比較するのに等しい

ので当然のように差があって、当時の速い製品と

言うのも現在だと劇的にに遅い部類になっている

ので、それと全く同じ状態が存在しています。

とりあえず、現状でいうとKabyLakeのPentium

りは既にのCorei5よりも速いので、

恐ろしい事になっているのと、スレッド数の多さが

聞く処理以外だと、AMDFXよりも高速で、Bloomf

lieldのCorei7よりも速度がありますから、2コア/4

スレッドの製品ですが、古い製品を変な価格で買

うよりも速度が出る仕様になっています。

その為、Core2Quad当りからPentiumに変え

ると、Pentiumの速さに驚き、Corei3にすると、同

様に、時代の流れをか感じると言うのが現在の

デスクトッププロセッサの状態になっています。

ちなみに、AtomX5Z8700はどの程度の速度

があるのか?と言う内容ですが、Core2DuoのU

シリーズよりも高速なのは言うまでもなく、Corei

7-660UM相当の速度があります。

つまり、初期のCorei7の同一カテゴリーの製品

は既にAtomに負けているわけです。

こうしてみてみると、昔話と現在のそれでは相当

な温度がさアる事が理解できると思います。

実際に、過去と今ではこれだけの差があって、

製品開発と言うのは、昔よりもダメな物を出した

段階で、メーカーの信用が失墜するので、その

間違いは存在しません。その為、年数が7年も

経過してしまうと初期の同一カテゴリーの上位

製品も組み込み用のローエンド相当になります。

ちなみに、Corei7-660UMはイメージ的に言うと

現在のSurfaceProやWACOMMobileStudioの

Corei7と同じ用途で使われるラインの製品です

から、時間が経過すると、ローエンドでその速度

に到達するわけです。当然、同様のラインの製品

では4K野津がが再生できて現在の2in1製品の

パフォーマンスですから、やはり製品としてみた時

に別次元の物になっています。

また、今年の技術でいうと、GPUを薄くして実

装し、しかも冷夏区効率を高めた物が登場した

ので、この辺りも過去と現在では全く違う部分だ

と言えそうです。

とりあえず、現在と過去では全く違い、時系列を

追って製品の性能は高くなるので、昔の物が速

いと言う間違いは存在しません。