私が犬を飼っていて保留に

2900みあ

初めまして、36歳みあです。

HPを見て勉強になることが多く、ぜひ、ご意見をうかがわせていただきたいと思いました。

付き合って5月になる人がいます。彼は、離婚調停中(別居10年の果て)、2人の子供(10歳8歳)がいます。現在週に1〜15日の間隔で会えていて、彼の家で会うことが多いです。最初は一緒に暮らすことを彼が考えてくれていたのですが、私が犬を飼っていて、一緒に住むには犬付きであり、彼が犬嫌いあること。彼の調停がうまく進んでいないこともあり、保留になって話に出なくなりました。

会うのは仕事終わりの3〜4時間、6時間以上一緒に過ごせたことはなく、彼の家でご飯を食べてエッチして、家まで送ってもらうのが常になりました。私は犬を飼っているので絶対家に帰らないといけないため、お泊りはできません。日曜は彼が子供と毎週会うため、私とは絶対会ってくれません。

GW、連休、お盆休みなども、必ず子供と遊ぶことになっているため、私とはその間連絡すら取れなくなります。それを指摘しても話をはぐらかされたり謝るだけで、取り合ってくれません。

毎日必ずLINEをくれますし、彼都合でも会えているし、一緒に居れる時間があるだけいいと思っていました。ところが先日の連休直前、子供たちと旅行に行ってくるから、土曜日会えないとLINEがあり頭に血が上り、当分LINEしてこないでと返してしまいました。

マーチン先生のブログを読んで、離婚が成立していない内に贅沢になりすぎていると反省しています。ありがとう法等、出来ていなかったこともあるので、もう少し頑張りたいです。当分LINEしてこないでは言い過ぎたと思います。彼が私に向き合ってくれるようにするには、私はどう彼と向き合えばいいでしょうか。

みあさん

こんにちは、マーチンです。

ご相談拝見いたしました。

>ありがとう法等、出来ていなかったこともあるので、もう少し頑張りたいです。

厳しい意見になりますが、これは視点がズレていると思いました。今のままでは何をやっても改善はできません。その問題に気づいておられないのが、みあさんの一番の反省点だと思います。その問題とはこちらです。

>最初は一緒に暮らすことを彼が考えてくれていたのですが、私が犬を飼っていて、一緒に住むには犬付きであり、彼が犬嫌いあること。

もしも、みあさんが犬を飼っていなかったら、この話が一気に進んで同棲できていた可能性があったと思います。僕は原則同棲はお勧めしませんが、今回の場合は有効だと思いますいつも申し上げる臨機応変さが大事です。

彼は今、離婚調停中ということでした。であれば彼の側にいることで、早く決着をつけようと思ってくれる可能性が高まると思うのです。また、彼から提案してくれたということは正直なところ、寂しかったのではないかと思います。

また今回は、単にタイミングを逃しただけでなく彼からのヘルプをスルーした形になり、彼のとってのみあさんは格下げになってしまったのだと思います。一緒に暮らしてもいい女から、まあ、普通に付き合ったらいいか、という女になった感じです。恋愛を実らせたいなら、ペットは飼わない方がいいこれは10年以上前から、メルマガにも書いたことがあります。

恋愛体質のつくり方

恋愛体質のつくり方その2〜人生は今の決断が今後も真実〜

詳しい話は上記をご覧頂きたいのですが、僕はペットを飼ってはいけないとか、そんなことを言うつもりはありません。ただ恋愛をする場合、不利になることが多いということです。柔軟に動ければ良いのですが動けないことが多く、みあさんも、まさにそうなっています。下記ですね。

>私は犬を飼っているので絶対家に帰らないといけないため、お泊りはできません。

これ、全然お泊りをしようと努力していないです。また、自分がそんなことだから、彼がこうなっても文句言えるはずもないのですが

>日曜は彼が子供と毎週会うため、私とは絶対会ってくれません。

文句言いまくりです。

>GW、連休、お盆休みなども、必ず子供と遊ぶことになっているため、私とはその間連絡すら取れなくなります。それを指摘しても話をはぐらかされたり謝るだけで、取り合ってくれません。

これでは恋が実るわけないのです。

犬と子供、どっちが大事?と考えたら、さすがに議論の余地なく子供です。みあさんがペットを大事にするなら、それ以上に彼がお子さんを大事にして当然なのに、そこには考えが及んでいないように感じます。

こうして見るに改善点は、ペットを飼っているから仕方がないと、それを前提に全てを考えていることです。彼との関係を望むなら、まず自分です。まず自分から、歩み寄ることが必要なのです。

今の状況は厳しすぎると思いますが、それでも頑張りたいと思うなら有効だと思える方法はただひとつ、ペットを手放すことです。それ以外にありません。だって、それがお二人の歯車が噛み合わなくなった原因ですし、彼は犬が嫌いなのですから。

そして、彼の家でご飯を食べるなど雰囲気のいい時に、そう言えば、もうワンちゃんいなくなったんだよ。実家にひきとってもらったんだという感じで、伝えてみることだと思います。これで、彼のみあさんを見る目が変わったらという感じです。

厳しいお話が多かったかと思いますが、参考にして頂けたらと思います。

この度は、ご相談頂きありがとうございました。

2017/07/31wrote

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

個別相談のご案内

無料相談掲示板悩みの足跡

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜