タイルの補修

本日は、最近あまり話題にしてない木造アパートの小修繕作業でした。

キッチン床で一部剥がれた個所の張り替え作業を行いました。

4年ほど前に施主支給で業者さんにタイルを貼ってもらったところです。

明らかに施工ミスですが、こういったことも含めて自分が責任を持つと決めて依頼したところなので、あまり気にはしません。

ただ、今後いろんな理由で同様の作業を依頼する場合には、この業者さんは除外します。

不具合の状況を見ると、タイルが浮き上がったり剥がれたりした原因は、木部と接する部分のクリアランス不足カチコミ過ぎか接着剤不足かあるいはその両方だと思われます。

なので、作業的には不具合個所を剥がして貼り直すだけですね。

浮いたり割れたりしてる部分を剥がしてみると接着剤が端まで回っていないのがわかります。

タイルは4枚分の張り替えが必要でした。

サイズは45角です。1ケース12枚入在庫してたので十分間に合いました。

接着剤は持ってなかったので新しく購入。

ヘラの櫛目はカッターで加工しました。

このあと、タイルを切って貼って作業終了しました。

完成写真を撮るのを忘れましたが、上の1枚目の写真の焦げ茶色の下地が見えなくなったのを想像してもらえばよろしいかと思います。

広告を非表示にする