湯段温泉時雨庵

嶽温泉、西澤旅館赤格子館と立寄った後は、以前より憧れていた湯段温泉へ向かう。

途中の行程が何ともステキ

こんな道を抜けつつだが、湯段温泉は嶽温泉からそんなに遠くない。

ただし湯段温泉、災害や色んな要因で、ここのところ営業している宿が減っている

写真の2宿はともに営業をしていなかった

この宿エリアより少し離れたところの別荘地エリア?にあるのが、最初の目的地時雨庵。

湯友推薦の宿だった。

これがバス停なのか未確認だが、宿と言うよりどなたかの別荘といった趣だ。

もちろん宿泊メインの宿。

9時頃から立寄り入浴ができると聞いて、行ってみた。

湯段温泉時雨庵

女将さんより立寄りは快く受けてもらえた。

入浴料は300円と、青森標準ありがたい。

浴場は男女別ということではなく、大小1つずつ。

小には湯を張ってないとのことで、大の方へ。

脱衣所はおよそ宿の脱衣所らしくなく、誰かの家のそれみたい

真ん中に大きなマッサージチェア(手前の布に覆われたヤツ)がドーンと置かれている。

この家庭的な雰囲気が何とも居心地よい

大浴場と言っても、浴槽レベルは2〜3人ぐらい。

洗い場はそれなりに広くとられているが、茶色っぽい沈着がよい感じ

洗い場にはシャワー付きカランが並ぶ。

シャンプー類も完備。

浴槽で灰色やや濁りの湯は、源泉名三上3号泉。

源泉温度474度、pH66の、ナトリウムカルシウムマグネシウム-塩化物炭酸水素塩温泉。

成分総計は3195g/kg。

湧出量は動力揚湯で340/分ある。

完全かけ流しで使用され、オーバーフローによる黒っぽい沈着が刻まれ続けている。

投入されている源泉自体はほぼ無色透明。

加水用の蛇口はあるが、閉じられたまま。

全体的な赤茶色の沈着が鉄分を感じさせる。

そして源泉からは金気臭がする。

湯口に近づくと、淡いアブラ臭も感じられた。

淡い炭酸のシュワシュワ感と、甘味酸味といった炭酸味がある。

遊離二酸化炭素は3057mg。

淡いダシ味と僅かな塩味も。

なかなか複雑だけど、風味豊かでよろしい

しっかりとしたスベスベ感が心地よい

そして何といっても激泡である

あっという間に体中が気泡に包まれた

噂にたがわぬ素晴らしい湯、浴場。

これは泊まってゆっくり入りたくなる。

この湯を小浴場でも入ってみたい。

湯段でマスト湯であろう

湯段温泉時雨庵

青森県弘前市大字常盤野字湯段萢4-36

0172-83-2089

立寄り入浴料300円

源泉三上3号泉

ナトリウムカルシウムマグネシウム-塩化物炭酸水素塩温泉低張性中性高温泉

474度

pH66

成分総計3195g/kg

340/分掘削動力揚湯

源泉は無色透明

浴槽で灰色やや濁り

金気臭、淡アブラ臭あり

淡炭酸のシュワシュワ感あり

甘味酸味といった炭酸味、淡ダシ味、微塩味あり

しっかりとしたスベスベ感あり

大量の泡付きあり

完全かけ流し

2016年10月入湯

数値はH22の分析表より

広告を非表示にする